Designer デザイナー

瀬野和広|Kazuhiro Seno

01
瀬野氏が考える建築は、都市づくり・まちづくりを意識した都市と自然の共生。家や住まいといった、単に造形的な建築物を作るだけでなく、その土地にある環境エネルギーを充分に活用しながら、社会や環境に配慮し、まちづくりの一つとしての建築づくりをコンセプトとしています。
瀬野氏は、人気番組「大改造!!劇的ビフォーアフター」に出演し、多くの建築家やリフォーム案件が紹介される中、見事「ビフォーアフター大賞2012」を受賞しました。そこで高く評価されたのは、伝統構法の活用や伝統芸能を取り入れた使いやすくも粋なデザイン。これまで現場で実例を重ねてきた土壁を採用し、耐震強度を高めるななめに張り出した門型フレームは、いくつかの能舞台を見学しながらデザイン性を追求しました。こうして、かつて牛舎であった家屋は現在、訪れる人の目を惹く洗練された住まいとして生まれ変わっています。
しかし、彼はこうした栄誉におごることなく、あくまでも実直な姿勢を貫きます。家族とは何か、家とは何か、そして街とは何か・・・。人と人の繋がりを基本として、その家を取り巻く環境と継続的に発展していけることを望んでいます。

02

家は、家族が住まう大きな部屋。
間取りのない間取りが新しい憩いを生む。

「家とは何か?」。建築家として究極の質問に、瀬野氏は「家族の大きな部屋」と答え、できるだけ居室の個室化を避けたいという考えがあります。作品のいくつかにはそのポリシーが反映されており、例えば、代表作と言える「木つつ木はうす」には、「ドマラボ」という彼ならではの住まいのあり方が表現されています。従来型の間取りを取り払い、リビングやキッチンを壁で仕切るのではなく、土間から座敷、吹き抜けを一体化しながら、自由に使える多目的な空間がしつらえてあります。その先にはキッチンがあり、そして板の間、座敷が続き、間取りのない間取りは、暮らしに人が集い、触れ合う社会性を生み出しているのです。また諏訪湖を望むパノラマハウスは、通常であれば真正面に受ける土地の高低差に対し、あえて振りを入れたことで美しい眺望を確保。長年の経験から、高さとワイド感をピッタリ合わせた設計が、この家に他にはない豊かさをもたらしました。
 また「大改造!!劇的ビフォーアフター」にて「天然素材の伝道師」と称される彼は、天然乾燥させた天竜杉や檜を使うことにこだわり、シックハウス対策にも注力しています。今後は木にこだわり建築家たちと共に、天竜杉や檜をはじめとした木材のショールームの立ち上げなども計画しており、家主の住まいへのこだわりに応えていこうと尽力しています。

瀬野和広

有限会社設計アトリエ一級建築士事務所 代表取締役
一級建築士
日本建築家協会 会員
東京建築士会 会員

1957年 山形県村山市生まれ
1978年 東京デザイナー学院スペースデザイン科 卒業
1978年 株式会社鬼工房施設デザイン課 勤務
1979年 大成建設株式会社設計本部 勤務
1987年 東京デザイナー学院 非常勤講師(~2004)
1988年 有限会社設計アトリエ一級建築士事務所 開設
2009年 東京都市大学都市生活学部 非常勤講師